右側の塀の下が車一台分のガレージになっています。
切った木や庭にある様々なごみを出す為に
ガレージの屋根(波板です)を外す所から工事は始まりました。

塀の向こうに見える棒がガレージの屋根を支える鉄骨

  右側の銀木犀・山茶花を掘り上げた所
←塀の塗装が剥がれたり浮いたりしています。
  これは日当たりと風通しが悪かった為です。

塀際に植えられていた山茶花を撤去した所
これだけで随分すっきりした印象。

左奥のバベ樫・クロガネモチを撤去

  左奥の銀木犀と金木犀2本、
  糸杉・マサキを撤去
  ここは残す木を仮移植する
←スペースになります。


石の処理が始まりました。

明日からの石の移動に使う道具です。
斜めになっているのは枝垂れ梅

←動かしたい石の上に頂点を持って来て
  フックを下げ、石にワイヤーをかけて
  移動させます。

←ようやく割れた!
  大変な作業でした。

割って運べる状態になった石→


←仮移植された木
  馬酔木・枝垂れ梅・椿など

千両・葉蘭・芍薬・鈴蘭などが
また植栽されるのを待っています。

←石を大体の位置に
  置いていきます。

荒く土盛りをして感じが出て来ました。↑
大きい石二つは左奥からの移動です。
後ろに馬酔木を植栽します。

← パーゴラ付きベンチの壁の為に
  塀際に溝が掘られました。
  天候にも恵まれ、
  順調に作業は進んでいます。

引き続き木の撤去と移動です。

虫がついて傷んでしまった銀木犀

大きい石は割って動かします。→
石目に楔を打ち込んで
げんのうで叩きます。

この日は職人さん二人の作業でした。
割れた植木鉢やリサイクルでない不燃ゴミなど
収集が少ないゴミも持って行ってくれたので、ラッキー♪

沢山の職人さんが来られました。一番多い時で6人か7人?
おかげで作業の早いこと! 驚くと言うより呆れる感じです(笑)