今年も様々な花木が目を楽しませてくれています。
2007年の初春から初夏にかけての様子です。その1草花編 花木編はこちら

☆鉢植えで楽しんだチューリップ
 左:ビューティー・オブ・アペルドーン 中央:バレリーナ 右:クリームイエローのピオニー種

☆ウィンターベルの名前で流通している冬咲きのクレマチスです。
 正式にはクレマチス・ユンナネンシス、和名はガビサンハンショウヅル。
 以前はアンスンエンシスと呼ばれていましたが、中国の雲南省原産なのでこの名称に変わったようです。
 右写真の花びらの裏に見える白いもやもやは残り雪。本当に寒さに強いですね。^^

☆チャイニーズピオニー、和名は芍薬(シャクヤク)の開花です。
 立てば芍薬 座れば牡丹と美人の形容に使われる花ですね。
 これは15年以上も前からある株ですが、毎年見事に咲いてくれます。

☆今年植えた苧環(オダマキ)。
アキレギア・カメオという種類でピンクが何とも愛らしい花です。^^

☆今年はハーブも少し植えてみました。
 こちらはバジル・タイム・オレガノなど、食べる用のハーブです。

☆香りなどを楽しむセンテッドゼラニウム・フレンチラヴェンダー・ミント。
 青い花はボリジ。咲き始めはピンクでとても愛らしい花です。

木の花は こちら