Quartz/Barite/Helvine from Yao Gan Xian,Hunan,China


中国・湖南省揺崗仙(ヤオガンシャン)産 水晶・菱鉄鉱・ヘルビン(ヘルバイト) サイズ 65×50×35mm

水晶の1本の先端に菱鉄鉱とヘルビンが付いた標本。
褐色の正四面体結晶がヘルビンで、マンガン・ベリリウム・硫黄を主成分とする鉱物です。
基本の色は黄色で、ギリシア語の「太陽」をさすheliosに由来するそうですが、この色ではちょっと連想できないですね。
他にグリーン・紅色を示す事もあります。

菱鉄鉱は人類が最初に利用した鉄鉱石だっただろう、と言われています。
赤鉄鉱や磁鉄鉱に比べて精錬が容易だったのがその理由で、
英名のシデライトはギリシア語の「鉄」siderosが由来です。

これは水晶の白いファントム、正四面体のヘルビン、葉片状の菱鉄鉱と色々に楽しめるのですが、
何と言っても傑作なのは全体の印象です。どう見ても雄鶏そのものでしょう?^^

※左はオンマウスで画像が替わります。