中国・湖南省揺崗仙(ヤオガンシャン)産 黄銅鉱とカルサイト サイズ100×55×20mm

カルサイトの群晶を黄銅鉱が覆った標本です。
光の加減で虹色に輝く様子は派手!の一語に尽きますね。^^

黄銅鉱が酸化すると稀に青や紫の美しい色になり、ピーコックオアと呼ばれます。
人工的に酸化処理する場合もありますが、
これはそこまで手をかける意味がなさそうなので、多分自然の状態でしょう。(笑)

※左の写真はオンマウスで画像が替わります。