ブラジル産赤鉄鉱 サイズ 20×20×12mm

葉片状の結晶が集合して花のように見える所から「鉄の薔薇・アイアンローズ」の愛称がある赤鉄鉱です。
つくづく自然の妙を感じますね。
非常に強い輝きを持っていて、鏡鉄鉱(スペキュラー・ヘマタイト)と呼ばれる事もあります。
古代の鏡は鉄や銅・青銅などの金属製でしたが、出土品から思うよりも遥かに映りが良かったのでしょうね。

※左はオンマウスで画像が
替わります