中国・広西省壮(チワン)族自治区陽朔産 緑鉛鉱 サイズ 38×30×24mm

鮮やかな黄緑色から白っぽい結晶まで様々な色が楽しめる標本です。
緑鉛鉱は6角柱状結晶が普通なのですが、これは蔓のようにくるんと弧をえがいた部分が面白いと思います。
結晶は極小ですが輝きが強くて綺麗ですよね。^^
これは陽朔(ヤンシュオ)鉱山産ですが、こちら の倒坪鉱山のごく近く、Haiyangという山を挟んだ反対側に位置しています。
どちらから掘ったかの違いだけで、鉱床としては一緒なのでしょうね。

※右の写真はオンマウスで画像が替わります。