White Calcite from Yao Gan Xian,Hunan,China

中国・湖南省揺崗仙(ヤオガンシャン)産方解石 サイズ 100×65×30mm

白い母岩に釘頭状結晶が乗った標本です。
白&白なので散らばっている小さな結晶が水滴のように見えますね。

結晶のサイズに随分と大小があって違う結晶形のように見えるかと思いますが、総て釘頭状です。
ほとんどの場合、一つの標本に見られる結晶形は1種類なのだとか。
偶然の産物ではなく形成環境などの違いによって決まることを示しているのだそうです。

※写真はオンマウスで画像が替わります。
※結晶形の記述については北九州市立いのちのたび博物館(自然史・歴史博物館)、
  森 康学芸員の記述を 参考にさせて頂きました。