中国・湖北省大冶(Daye)産魚眼石 サイズ 100×60×34mm

鉄分の影響で薄オレンジ色になったアポフィライトです。
アポフィライトの結晶形はこれとかこれが一般的な形状なので、これがアポフィライト?!とびっくりしました。
つくづく色々な結晶形があるものですね。
一部濃茶色の部分がありますが、隙間に何かが挟まっている為です。湖北石(Hubeite)ではないかなと思います。

Fengjiashanは大冶(Daye)銅鉱山区に含まれるwollastonite(珪灰石)鉱山です。
標本下部に付着している白いものがその珪灰石。こちらに説明があります。
湖北石は最近発見されて産地から命名された鉱物です。こちら

※右の写真はオンマウスで画像が替わります。